リスニングは、どうすれば上手くなるのでしょう。

リスニングが上手くなるには、リスニングのやり方を工夫すればいいのです。

ただリスニングを聞くだけじゃなく、リスニングを聞いてスクリプトを見て確認するだけじゃなく、もう一歩進んだ勉強法でリスニングを聞けば上手くなります。

ネイティブ英語を聞き取れるようになりたくないですか?

リスニング法を伸ばすための方法を説明します。

 

<目次>
・こんなやり方ではリスニングは上手くならない。
・リスニングはこうして聞けば上手くなる!

 

こんなやり方ではリスニングは上手くならない。

みなさんがやられているリスニングは、音声を聞いて、スクリプト見て終わりとか、音声を聞いて、分からない英単語を調べて確認して終わるとか…。

また、音声を聞いて、スクリプを見て口に出して話すとい方もおられます。

一昔前(今でも?)は、聞き流す英語が流行りましたね。

しかし、聞く時間を増やして、聞き流しをして聞いても、リスニングは上手くなりません。

聞いて、見て、口に出す、3つ連動で覚えるのが一番いいといわれているのは間違いありません。

しかし、このやり方だと、初級から中級者までなら何とかなるでしょうが、もう一歩上には進めません。

では、どうすればリスニングが上手くなるのか、詳しく説明していきましょう。

 

 

リスニングはこうして聞けば上手くなる!

先程も説明しましたが、ただ聞くだけ、口に出して発音するだけではリスニングは上手くなりません。

また、スクリプトの内容を見て、理解できていない場合は、そもそも単語が理解できていないのだから、とにかく単語を覚えることに集中しましょう。。

それでは、、どうすればリスニングが上手くなるのが、具体的に説明していきましょう。

単語が理解できていて、スクリプトも分かっているのに聞き取れない場合は、音が聞き取れていないのです。

実際どこが聞き取れてなかったのか?

具体的に原因を追究するのです。

音がなんか違うように聞こえたら、なんでそんな風に聞こえたのか考えることです。

簡単なフレーズなのに聞き取れなかったのは、どこの繋がりが聞き取れなかったを分析することです。

ただ聞いて、声を出してをくる返すだけだと、違う場面でも、また同じフレーズがでてきても、聞き取れないことになりがちです。

多くの方は、読んで見て終わりっていうリスニングのやり方をやっている方が非常に多いです。

とにかく、聞き取れなかった単語やフレーズを分析することです。

分析するには、ある程度、発音のルールを知っておく必要があります。

このスペルが重なっていいる場合は、発音がこう変わるとか…

この音とこの音が重なっている時はこう発音するとか…

リスニングと発音は非常にリンクしています。

発音を知ることは、リスニングが上達する近道になります。

音を聞き、聞けないところを分析をすることが、リスニングを伸ばす最大の要因なのです。

何回も繰り返しますが、

1.発音の基本ルールを理解すること。

2.自分が聞けなかった箇所がなぜなのか追求すること。

この練習をすると、また、同パターンがきたときに、あのパターンだと頭の中でリンクしていきます。

そして、徐々に聞き取れなかった音が聞き取れるようになるのです。






このページの先頭へ