英語のリスニングが聞き取れない。

とくに、ネイティブな英語は、早くて何を言っているか聞き取れない。

初心者の方なら、誰しもが通る道です。

今回は、英語のリスニングが聞き取れない理由と解決法についてお話しましょう。

 

<目次>
・中学で習うカタカナ英語が問題だ!
・カタカナ英語は無駄ではない!

 

中学で習うカタカナ英語が問題だ!

中学で教える教師は、ほとんどカタカナ英語で教えています。

このカタカナ英語が、中学の時に頭にこべりつき、高校、大学になっての英語が聞き取れないのです。

また、日本の英語教育では、聞く、話すの教育より、読む、書くに重点をおいた勉強をしているので、単語は読めるけど話せない、しゃべれないということになるのです。

この教育を続けていく限る、日本人は英語がしゃべれない、にがってっということになります。

では、どうすればカタカナ英語から脱出できるのか?

次の項でお話しましょう。

 

カタカナ英語は無駄ではない!

中学で習うカタカナ英語が問題だって言ってて、「カタカナ英語は無駄ではない」というのは、相反するかもしれません。

しかし、英語のスペルは分かっているのだから、あとは、そのスペルがどのように発音されているかを理解してしまえば、それが解決法になるのです。

ある程度単語が理解できていれば、後は音を聞き取る訓練をすれば、ある程英語が度理解できるようになります。

その逆で、単語が理解できていない人は、いくら英語を聞いても理解できません。

カタカナで覚えてしまった単語は、ネイティブ英語ではどういう風に発しているのかを意識しながら、聞いていれば、英語が聞き取れる期間も短くなります。



このページの先頭へ