「リーディングが、なかなか上手くならないなあ」

「リーディングの勉強って、ホント面白くないんだよね」

しかし、TOEICやTOEFL、英検みたいな試験では必ずリーディングが出るから、リーディングは必須なんだです。
リーディングは英文を読むことが中心で、話とか物語とかの英文を読んだり訳したりします。

ここでは、英語リーディング学習のコツについてお話します。

 

<目次>
・新聞を活用する
・文法はGrammar in useの中級を利用する

 

新聞を活用する

リーディングは英文を読むことです。

しかし、読んでいて分からない文法があれば、その都度、辞書で調べるといった作業を繰り返さないといけません。

だから、リーディングは、どうしても面白くないのです。

そこでオススメなのが、新聞です。

読売新聞なんかだと、英語版の新聞、デイリー読売というものがあります。

日本語版の新聞の内容とほぼ同じなので、日本語版を読んで、英語版を読めば、日本語版で一度内容を把握しているので、英語版を読んでも、内容がある程度分かっているので、いちいち文法を辞書で調べなくても英文が読めます。

ということは、いちいち面倒だった辞書で英文法を調べる手間が省けます。

多少は楽しく英文法が読めるんじゃないでしょうか。

より、楽しく読みには、自分の興味のある記事を見つけた読むと、もっと楽しく英文法が読めるようになります。

一度やってみてください。

 

文法はGrammar in useの中級を利用する

前項で、日本語の新聞を読んでから、その英語版の新聞を読めば、内容が分かって読みやすいといいました。

これだけでも、結構な勉強になると思うのですが、もう少しレベルを上げようと思えば、新聞などに出てくる、分からない文法を辞書を使って調べるといいでしょう。

オススメの辞書は、Grammar in useの中級編です。

英字新聞を読んで、分からない文法を、Grammar in useの中級編の辞書を使って調べていくと、1ランク上のレベルに上達します。

そうすることで、単語も分かってきますし、表現も分かってきますし、専門的な用語も勉強になります。






このページの先頭へ