ネイティブの会話を聞いても、早くて聞き取れないって思っている方は多いですよね。

ではなぜ、ネイティブの英語は、早く聞こえるのでしょうか。

本当に、早口で話しているのでしょうか?

ネイティブの英語の聞き取り方のコツをお話します。

 

<目次>
・なぜ、ネイティブの会話が早く聞こえるのか
・ネイティブの会話を聞き取るコツ

 

なぜ、ネイティブの会話が早く聞こえるのか

ネイティブな英語は、決して早口で話しているわけではありません。

たとえば、

Com for tableとい単語を日本語読み、カタカナで読むと「コンタフォブル」と読みますよね。

これって6つに音節になっています。

これを、ネイティブで話すと、音節は3つしかないのです。

もうお分かりでしょう。

日本人は、カナカナ英語で覚えているので、6つの音節を3つの音節で聞くから早く聞こえるのです。

また、文法になると2語、3語の連携の読み方も、音節がカタカナ読みより短くなるので、さらに早く聞こえるのです。

 

ネイティブの会話を聞き取るコツ

やはり、重要なのは発音です。

ネイティブの英語を何回も聞いて覚えるのしかないのですが、ネイティブな英語を聞くコツとして、音節を意識して聞くと英語力はアップします。

では、どのように音節を意識すればいいのか?

日本語は、ほとんど母音をメインに発音しますが、英語は子音がメインなんです。

だから、母音をとる意識で発音してやると、ネイティブ英語のように話せます。

一度やってみてください。



このページの先頭へ