子どもを、英会話教室に通わせれば、英語が話せるようになるの?

それは無理です。

なぜでしょう?

子どもを英会話スクールに通わせても意味がない理由と、子どもをバイリンガルに育てる方法を併せてお話します。

 

<目次>
・子どもを英会話スクールに通わせても無駄な理由
・子どもをバイリンガルに育てるには!

 

子どもを英会話スクールに通わせても無駄な理由

子どもの英会話スクールって、週1回か2回、時間も1時間か2時間程度だと思います。

子どもは覚えるのも早いですが、忘れるのも早いです。

せっかく覚えた英語でも、次の週での英会話スクールでは、すべて忘れた状態で授業を受けます。

この繰り返しですから、子どもの英会話スクールは、あまり意味がないといえるのです。

子どもの英会話スクールを有効的するなら、子どもが英会話スクールから帰ってきたら、お父さんかお母さんが習ってきた英語を一緒に復習すことです。

そうすることで、英語が記憶に残り、子どもの英会話スクールが効果を発揮するのです。

通いっぱなしの、子ども英会話教室はあまり意味かありません。

 

子どもをバイリンガルに育てるには!

では、どうすれば、子どもが日本にいながら、英語を話せるようになるのか?

バイリンガルになれるのか?

それは、毎日20分~30分英語を話す環境をつくることです。

お父さんかお母さんが、毎日子どもと英語で日常会話を20分程度毎日すれば英語が話せるようになるのです。
家は、お父さんもお母さんも英語がしゃべれない!

そんな方は、格安のオンライ英会話を利用すれば、月5千円程度で、毎日ネイティブな英語で会話できます。

一度試してみては如何ですか?






このページの先頭へ