何十年振りに、英語を勉強し直そうと思ったとき、何からやればいいのか分からないですよね。

英会話教室に行っても、何を言ってるか分からないだろうし、リスニング教材を買っても、何から始めればいいのかわからないでしょう。

そんな方のために、初心者からやり直すための英会話勉強法についてお話します。

 

<目次>
・単語を覚える
・文法を覚える

 

単語を覚える

まずは、単語を覚えましょう。

では、何語の単語を覚えればいいのでしょうか?

基本的には、1,700~2,000文字ぐらいです。

大変と思われる方もおられるでしょうが、学生の時のように、読めて。書けて、発音できてじゃなく、聞ければいいだけなのです。

英会話を勉強するのですから、まず単語を聞き取れればいいだけです。

英単語帳にCDなどの音声がついていますので、単語帳を見ながら、音を聞いていくことが大切です。

ちなみに、中学校で覚える単語は、だいたい1,200~1,700語と言われています。

中学生が分かる単語を覚えることが、英会話が話せる単語の範囲だと理解しておけばいいでしょう。

 

文法を覚える

文法を覚えるといっても、中学1年で習う文法を覚えることです。

中学1年で習う文法は、現在形、過去形、未来形です。

英会話の中で使う8割までは、この、過去、現在、未来の3パターンなのです。

だから、英会話をある程度話せるようになるには、この3パターンの文法を覚えるだけでいいのです。

さらに言うと、中学2年で習う、現在完了形までをマスターすれば、ほとんど会話は、話せるようになるのです。

だから、英語を勉強し直そうと思ったら、中学1年生の教材を買って勉強をしてください。

中学生1年生の英語なら見れれば分かります。

大切なのは、そのセンテンスが、ネイティブ英語で聞き取れるか、話せるかですから、中学1年の英語の文法と英単語をしっかり覚えてから、英会話教室や、オンライン英会話などで勉強すれば英語が話せるようになります。



このページの先頭へ