英語のスピーキングの能力というのは、他の能力に比べるとある一定のレベルに達するには、最も簡単だとも言われています。

では、英語のスピーキング上達には何が重要なのか?

やはり、英語を話す量が必要になります。

量と言っても、効率よくやりたいですよね。

そこで、英語のスピーキングが上達する4つのステップについてお話します。

 

<目次>
英語スピーキング4つのステップ

 

英語スピーキング4つのステップ

1.手で書く
2.見ながら声に出す
3.キーワード見ながら話す
4.キーワードを見ないで言えるようにする

上記のステップにしたがって、英語のスピーキングをやっていけば、効率よく英語のスピーキングが上達します。

1.まず書くことです。
書いて終わってしまう方が多いですが、書いて覚えたと思って終わってしうのですが、書くのと話すのは違います。だから次に

2.見ながら声に出す
書いた文章を見ながら声に出すことです。

ただ、声に出すのではなく、覚えようとする意識をもって声に出すようにしましょう。

3.キーワード見ながら話す
書かれた文章の中で、大切な個所をキーワードにして、キーワードを見ながら声に出して話す練習をします。

これを何度も何度も繰り返していくと、キーワードを見た瞬間に、自分が何を話せばいいのか分かるようになるので、英語がスラスラと出るようになってきます。

しかし、人と話すときに、そのキーワードを見て話すことはないですから、次のステップの

4.キーワードを見ないで言えるようにする
最終的にはキーワードを見ないで言えるようにすることです。

この4つのステップで練習することで、英語がスラスラと話せるようになりますので、頑張って練習してください。






このページの先頭へ