英語上達法」カテゴリーアーカイブ

初心者英語勉強法!初心者が継続できる英語の学習方法とは

英語の学習を始めた方の8割の人が、英語の学習を諦めてしまうといいます。

なぜでしょうか?

8割の方のほとんどが、最初の壁につまづいて諦めてしまうのです。

どうやってその壁を乗り越えるのかについてお話します。

 

<目次>
・英語学習を乗りこえるために何をすればいいのか?
・最初の壁を乗り越えるために何が必要か
・壁を乗り越える学習方法の確認
・継続するために必要なこと



英語学習を乗りこえるために何をすればいいのか?

英語学習を乗りこえるためには、英語学習の全体像が見えてくると楽になります。

まず、最初が一番きついです。

覚えることが多く、自分で判断しづらいからです。

しかし、繰り返して勉強していくうちに、段々楽になります。

色んな知識がつくことで、効率が上がっていくからです。

ですから、英語学習を乗りこえるには、最初の壁を乗り越えることに集中すればいいのです。

では、この壁を乗り越えるために何が必要かについてお話します。

 

最初の壁を乗り越えるために何が必要か

まず、達成感を実感すること!

達成感を実感できれば、次に進もうという気持ちになります。

次に楽しさです。

楽しさを実感できれば次に進めますよね。

では、自分の達成感や楽しさを実感するにはどうすればいいのか?

それは、自分の英語を録音することです。

月に1回ぐらいのペースで録音していくと、自分のいいところ、悪いところが客観的に見えてくるからです。

最初の壁を乗り越えるには、達成感と楽しさを実感しましょう。

 

壁を乗り越える学習方法の確認

壁を乗り越える学習方法のは、1つ目は、シチュエーション別に学習することです。

ホテルで使う英語、レストランで使う英語など、シチュエーション別に英語を覚えていくのです。

2つ目は、フレーズ別の学習方法です。

フレーズの頭を揃えたフレーズを数多く覚えていくことです。

特に短期間い英語を覚えてい方や、壁を乗りこえたい方には、1つ目のシチュエーション別の学習方法をオススメします。

 

継続するために必要なこと

継続するために必要なことは、お気に入りの学習本やスクールを見つけることです。

お気に入りを見つけることで、楽しく英語を学ぶことができ、継続していけるのです。

まずは、お気に入りの学習本、英会話スクールを見つけることが、継続する一番の近道です。

初心者の英会話勉強法!確実に英会話が上達する3つの方法!!

英会話ってハードル高いんじゃない?

初心者の方だったらそう思われているでしょう。

ほとんどの方が、英語は学校で習ったけど今はサッパリ分からないって方がほとんどでしょうね。

では、なぜ学校で習ったのに英語が分からないのか?

英語の授業中に寝てた人は別として、勉強のやり方が間違っていたのかも?

初心者が確実に英会話が上達する3つの方法についてお話します。

 

<目次>
・目標を明確にする
・何をどれくらい学べばいいのかを把握する!
・英語の特徴に沿って覚える

 

目標を明確にする

学校で英語を勉強する目的は、テストでいい点をとることでしたよね。

それって、英語が話せるようになる勉強じゃなく、テストの点をとるための勉強ですから、英会話と関係ないので、いくら学校の勉強をしても英会話を話せるようにはなりません。

英会話を話せるようになるには、英会話を話せるような目標をたてないと駄目でしょう。

たとえば、「夏に海外旅行に行くので、英語でショッピングがしたい」「1年後には、外国人の方に、英語で接客したい」など、英会話に関係のある目標をたてることが大切です。

まずは、英会話に関する目標をたてましょう。

しかし、その目標に到達する方法が分からないと駄目ですよね。

次に、目標に到達する方法についてお話します。

 

何をどれくらい学べばいいのかを把握する!

英会話勉強法には色んな教材やスクールがありますが、どれをやればいいか最初は分かりませんようね。

では、何をやればいいのか?

英会話って流れがあります。

まずは「挨拶」です。

「こんにちは」とかです。

次に「質問」が来ます。

「最近どうしてる」

質問が来たら次は「答える」

「調子はいいよ」って感じでしょうか。

質問を答えた人は、質問を返します。

そうすると、また、質問が帰ってくるといったことを繰り返し、最後にあいさつで終わるのが英会話の流れです。

英会話を学ぶには、英語の流れを学んでいけばいいのです。

では、英語の流れに沿て学ぶにはどうすればいいのでしょう。

 

英語の特徴に沿って覚える

日本語と英語の違いは、語順が違います。

英語の特徴は、主語+動詞ですから

頭の部分は、同じで、最後の詳細を変えるだけで、色んなフレーズが作れるのです。

たとえば。

I went shooping yastendy
I went to park
I went to meet my friend
I went to Tokyo last nighet

頭の部分は全て同じで、最後の詳細を変えれば色んな会話ができるのです。

こういった、頭の部分が同じで、詳細を変えればいいだけのフレーズってたくさんあります。

まずは、こういった頭の部分が同じで、詳細を変えればいいようなフレーズを覚えていきましょう。

日本語の場合は、「いつ」「誰と」・・・・

「いつ」「誰と」などの詳細がくるので、頭を揃えるっていう脳がないので、最初は戸惑いますが、頭だけを揃えて、詳細は後にくるということを意識していれば、自然と言葉に出てきます。

一度やてみてください。

英語を覚える方法!英語が3倍覚えやすくなる方法とは?

英語を覚える方法は色々あります。

音読したり、書いたり、聞いたり…。

英語を覚えるには、毎日の積み重ねが蓄積となり、覚えていくものです。

しかし、ただ単に、話す、書く、聞くを繰り返すだけでは、長続きしません。

英語を楽しく、また、3倍速く覚えられる方法についてお話します。

 

<目次>
・等間隔のリズムを作る
・具体的なリズムのとり方

 

等間隔のリズムを作る

等間隔と言っても分かりずらいかもしれませんが、簡単に言えば、歌みたいな感じです。

基本は、内容のある個所でリズムをとること、また、内容の薄いところは弱く発音することです。

たとえば、内容を重要視する、動詞や名詞を強く発音し、それ以外を弱く発音する感じです。

リズムで覚えると、頭に残りやすいのです。

たとえば、九九を覚えるときに、リズムで覚えた経験があるでしょう。

その感覚で、英語のフレーズを覚えていく感じです。

 

具体的なリズムのとり方

では、具体的にどうするか?

Can yuo come to my party?

このフレーズだと、Canはあまり発音しませんが、リズムを付けて覚える場合は、Canをあえて強調して発音します。

強調して発音する箇所は、Can、comepartyです。

Canを強く、yuoを弱く、comeを強く、to myを弱く、partyを強く。

Canとyuoはくっつきますので、Canyuoとなります。

これを、リズムよく繰り返すと、リズムで覚えることができ、英語のフレーズが頭に残りやすいのです。

一度やってみてください。

英会話のやり直し!初心者からやり直す英会話の勉強法とは?

何十年振りに、英語を勉強し直そうと思ったとき、何からやればいいのか分からないですよね。

英会話教室に行っても、何を言ってるか分からないだろうし、リスニング教材を買っても、何から始めればいいのかわからないでしょう。

そんな方のために、初心者からやり直すための英会話勉強法についてお話します。

 

<目次>
・単語を覚える
・文法を覚える

 

単語を覚える

まずは、単語を覚えましょう。

では、何語の単語を覚えればいいのでしょうか?

基本的には、1,700~2,000文字ぐらいです。

大変と思われる方もおられるでしょうが、学生の時のように、読めて。書けて、発音できてじゃなく、聞ければいいだけなのです。

英会話を勉強するのですから、まず単語を聞き取れればいいだけです。

英単語帳にCDなどの音声がついていますので、単語帳を見ながら、音を聞いていくことが大切です。

ちなみに、中学校で覚える単語は、だいたい1,200~1,700語と言われています。

中学生が分かる単語を覚えることが、英会話が話せる単語の範囲だと理解しておけばいいでしょう。

 

文法を覚える

文法を覚えるといっても、中学1年で習う文法を覚えることです。

中学1年で習う文法は、現在形、過去形、未来形です。

英会話の中で使う8割までは、この、過去、現在、未来の3パターンなのです。

だから、英会話をある程度話せるようになるには、この3パターンの文法を覚えるだけでいいのです。

さらに言うと、中学2年で習う、現在完了形までをマスターすれば、ほとんど会話は、話せるようになるのです。

だから、英語を勉強し直そうと思ったら、中学1年生の教材を買って勉強をしてください。

中学生1年生の英語なら見れれば分かります。

大切なのは、そのセンテンスが、ネイティブ英語で聞き取れるか、話せるかですから、中学1年の英語の文法と英単語をしっかり覚えてから、英会話教室や、オンライン英会話などで勉強すれば英語が話せるようになります。

初心者の方が英語を勉強するなら!この4つのことから始めよう!!

校を卒業してから、英語って全然やっていません。

でも最近、海外の方の接客をしなくてはならなくなり、英語の勉強をと…。

でも、何から始めて良いのか、何をすればいいのか?まったく分かりません。

そんな方のために、初心者が英語を勉強する4つのカギについてお話します。

 

<目次>
・中学英語の復讐
・日記を書く
・日記の内容を声に出して練習
・Out puto

 

中学英語の復讐

よくいわれてることですが、中学程度の英語がわかれば、日常会話の英語は理解できるといいます。

中学1年生レベルでも、ある程度話せるようになるのです。

それは、中学1年で、現在形、過去形、未来形を習うからです。

現在、未来、過去が分かれば、会話って8割は話せるようになるのです。

本屋さんに行って、中学英語のまとめなどの本を買ってきて、中学英語で、英語の基本を勉強しましょう。

ポイントは、1センテンスの文章を作れるようになることです。

中学英語の基礎ができていれば、1センテンスの英語は作れるようになりますので、頑張って勉上してください。

 

日記を書く

日常会話や今の仕事に活かせる英語を勉強したいのなら、自分が普段やっている行動を日記にすれば、自然と自分の話したい英語の勉強ができます。
間違ってもいいです。

ます、伝わる英語ができるようにしましょう。

だいたい、5センテンスぐらい書けるようにしましょう

 

日記の内容を声に出して練習

話せれるようになりたいなら、ます、声に出さないと駄目です。

よく、スペルは書けるが、話せないって方がいます。

受験勉強で、単語や文法を必死に覚えたから、書くことはできるようになったのですが、読むことはできない。
それは、受験勉強に読む問題が無かったのでやっていなかったからです。

日記を書いたら、読むことを心がけましょう。

最後は、何も見ないで、今日に出来事を言えるようになりましょう。

 

Out puto

最後にアウトプットです。

日記を書いで、声に出したことが、実際、ネイティブに通じるのか?

でも、ネイティブと話す機会なんてないって方は、オンライン英会話を利用しましょう。

価格もお手頃で、毎日ネイティブと会話ができます。

自分の日記や、日常の出来事を話す相手を作って、練習してください。

オンライン英会話の選び方!オンライン英会話9社を比べてみた

オンライ英会話をやってみていんだけど、どれを使ったらいか迷われている方おられますよね

やはり各社それぞれ特徴があり、自分の目的にあったオンライン英会話を選ぶのがいです。

今回、大手5社のオンライン英会話の特徴についてお話します。

 

<目次>
・DMM英会話
・BestTeacher
・OKpanda英会話
・ONE’S WORDオンライン英会話
・レアジョブ英会話

 

DMM英会話

DMMは、モデルさん並みの金髪美挙先生が多いですね。

毎日、英会話ができるので、毎日英会話の勉強をしたい方はDMM英会話はオススメです。

正直、綺麗な先生やイケメン先生がいっぱいいるとモチベーションが上がりますね。

 

BestTeacherは、ライティングができます。

オンライン英会話でライティングができるスクールは少ないです。

ライティングも勉強したい方はオススメです。

 

OKpanda英会話

OKpanda英会話は、スマホで英会話ができます。

スマホのアプリを使って英会話ができるのです。

ですから、どこでも、いつでも英会話が楽しめるのです。

 

ONE’S WORDオンライン英会話

ONE’S WORDオンライン英会話は、面白い会話が楽しめるオンライ英会話です。

おもしろい先生が沢山いて、楽しく英会話ができます。

また、英語の独特の発音をきっちり教えてくれます。

 

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話は、レベルチェックができるのがいですね。

自分のレベルが、どんなんかなと思ったときに、できるのが便利です

また、日本人の方とカウンセリングできるので、どんなカリキュラムにしようかなど、相談できるのがいいですね

オンライン英会話をどうしようか迷うってる方は、無料で相談してくれるので、一度聞いてみてもいいかもしれません。

英語の文章を早く読む方法とは?

英語の文章って、英語を日本語して理解するので、どうしても読むのが遅くなります。

英語の文章を早く読むことって簡単にできないのかな?

外人って、すらすら読んでいるのに、日本人はそうはいきません。

それでは、英語の文章が早く読める方法をお話します。

 

<目次>
・英文は単語の順に訳せ!
・複雑な英文法を語順で理解するには?

 

英文は単語の順に訳せ

まず、初心者がやるべきことは、語順で読むこと。

たとえば、

I go to the park

を日本語に訳すと、私は公園に行くです。

訳す順番をみると、I →the park→go toとなります。

これって、読むときに、いったりきたりして読むことになりますよね。

この、いったりきたりして読むことで、読む速度が遅くなるのです。

では、どうするか?

英文通り読むことです。

私は→行く→公園に

語順の通り読んで理解できるように訓練することで、英文を早く読むことができるのです。

最初は、語順通り読んで、文字を組み替えて理解するのですが、慣れてくれば、文字を組み替えなくても理解できるようになります。

簡単な文法だとそんな難しくないようですが、複雑な英文法だとどうすればいいのでしょうか?

それは、次の項で。

 

複雑な英文法を語順で理解するには?

文書が難しくなってきた時の、語順の訳し方ですが、それは、文章をかたまりとして捉えて訳していくこと。

たとえば、

The teacher who is American go to the park where he can piay tennis

このちょっと長い文章だと、一つ一つの単語を拾っていくのは大変です。

ですから

A=The teacher who is American

B=go to

C=the park where he can piay tennis

このように、かたまりで捉えていくのです。

A=アメリカ人の先生は

B=行く

C=テニスをすることができる公園に

という感じで捉えていけば、少々長い英文でも、語順で訳していくことができるのです。

英語を聞いているだけで話せるようになるの?

よく英語を聞いただけで、英語が話せるようになるって聞きますが、それってホントなの?

聞くだけだったら、私にもできるって思うでしょう。

しかし、そんな簡単に英語が話せるようにまりますか?

英語は聞くだけで話せるか、バイリンギャルに聞いてみた。

 

<目次>
・ただ英語を聞いてるだけでは話せるようにはならない!
・この方法で聞き流せは、聞くだけで話せるようになる!?

 

ただ英語を聞いてるだけでは話せるようにはならない?!

英語を聞いてるだけで話せるようになるのなら、学校や会社で英語のBGMを流せば、みんな英語がペラペラに話せるようになりますよね。

そんなことはないでしょう。

私もよく海外ドラマを英語で聞き流していたんですが、全く英語なんて話せないし、聞き取ることもできませんでした。

やっぱり、ただ聞き流しているいるだけだと、単語すら頭に入ってこないので、ただの音としか、脳はとらえていないのかなって思いました。

ある日ふと、いつものように海外ドラマを聞き流していると、なにか分からないですが、単語が頭の中で理解しはじめたのです。

この単語知っているとか、こんなこと言ってるんだとか、頭の中で英語が理解できるようになっていたのです。

これって、聞き流して聞いていたおかげ…。

実は、あることをしていたことに気付いたのです。

あっそうか!こういった聞き流しをすれば、英語が聞き取れるようになるのか!

その聞き取り方を次の項でお話します。

 

この方法で聞き流せは、聞くだけで話せるようになる!?

私は大の海外ドラマファンなのです。

ついついその海外ドラマに入り込んでしまうことがあるんです。

その海外ドラマに、のめり込むということは、その場面を映像と会話が頭の中にインプットされます

ある日、海外ドラマを聞き流して聞いている時、これってあの場面かって、頭でその場面の映像が浮かんできてのです。

この言葉って、あの場面のことなんだなって、自然に分かるようになっていたんです。

それから、聞き流している英語も、何を言いてるか理解できるようになったのです。

ああこれかって、聞き流すだけで英語が聞き取れるようになる方法は、これだったのかって気づきました。

聞き流すだけで、英語が話せるようになる聞き方は、音だけじゃなく、映像と同時に見る。

自分の気に入った場面を何回も何回も観て映像と音を頭の中にインプットさせておく。

こういったことをやっておけば、聞き流している時にふと、その単語と、覚えている映像が結びついて、何を言っているのが、分かるよになるんだって気づいたのです。

みなさんも、一度このやり方で、海外ドラマを聞き流したみませんか?

学校教育では教えてくれない!英語がしゃべれる勉強法!!

義務教育で習う英語では、絶対に英語がしゃべれるようになることはまずないと言い切れます。

何故か?

英語習得には、インプットとアウトプットがあります。

インプットは
・リスニング
・リーディング

アウトプットは
・スピーキング
・ライティング

大まかにはこのような区分けができます。

義務教育で習うのは、80%が、リーディングとライティングです。

いくら、リーティングとライティングをマスターしても、英語はしゃべれるようにはなりません。

今回、学校教育では教えてくれない、英語がしゃべれる勉強について解説していきます。

 

<目次>
・英語を話せるようになるための勉強法
・なぜリスニングからやった方が良いのか?

 

英語を話せるようになるための勉強法

先程も説明しましたが、いくら、リーディングやライティングを勉強したって、英語が話せるようにならないと言いましたよね。

では、どんな勉強をすれば、英語が話せるようになるのでしょう。

それは、リスニングとスピーキングの勉強をすることです。

英語を話せる勉強帆は、
1.リスニング
2.スピーキング
3.リーディング
4.ライティング

これが英語を話せるようになる順番なのです。

学校教育教育では、3.リーディング、4.ライティングをやっているから英語を話せないのです。

まず、最初にリスニングをやって、英語を耳に慣れさせる。

聞いた英語を、スピーキング、口に出して言葉にする。

まず、この2つを徹底して勉強することが、英語が話せるようになる勉強法なのです。

 

なぜリスニング・スピーキングからやった方が良いのか?

英語を話す勉強法は、なぜ、リスニング・スピーキングからやるのがいいのか?

まずリスニングですが、リスニングができれば、リーディングはある程度こなせます。

しかし、リーディングができても、リスニングは難しいのです。

それは、発音が分からないからです。

いくら英語が読めても、発音ができなければ英語はしゃべれないし、聞き取ることもできないからです。

日本人が英語が苦手なのは、学校教育で習うライティングにあります。

単語覚えるとき、ローマ字読みで覚えませんでしたか?

このローマ字読みが頭の片隅にあって、英語のリスニングの邪魔をするのです。

最初からネイティブな発音で覚えれば、英語は簡単に聞き取れるようになるのです。

スピーキングに関しては、リスニングがしっかりできていれば、これを口にだしてしゃべるだけですから、リスニングがしっかりできていれば、これといって勉強法はないです。

しいて言えば、ネイティブ英語で会話すること、外国人の方としゃべることです。

ライティングに関してですが、受験対策は別ですが、英語を話すということは、ライティングはあまり必要としません。

ですから、インプットは、リスニングを重点に、アウトプットは、スピーティングを重点に勉強することが、英語を話せるようなる勉強法なのです。

英会話スクールに通わなくても英語が上手くなる方法とは?

英語のスピーキング力を上達させるには、高頻度で英語を考えたり、口にしたりすることが重要になってきます。

しかし、ネイティブな友達がゐない、英会話スクールに通えない、ましては、留学なんて無理。

そんな方でも、高頻度な英語を身につける練習法がありますので紹介しましょう。

 

<目次>
・英語が上手くなる「独り言」練習法
・独り言英会話の注意点とは
・独り言英会話は、一言で終わらない
・自分自身に質問する癖をつける

 

英語が上手くなる「独り言」練習法とは?

1人で考えている時は、いろんな考えがでてきたり消えたりしています。

その数なんと5万といわれています。

この5万の考えを、英語のスピーキングに利用するのです。

この5万の考え=独り言を英語のスピーキングに利用した方が良いといのは、スピーキングの目的は、自分で考えたことを、英語で話せるようにすることです。

この独り言が自然に英語で話せたら、自分の考えが英語で話せるようになるということなので、独り言を英語で話す訓練は、スピーキング力を鍛える最大の練習法なのです。

 

独り言英会話の注意点とは

間違ってもいいから、センテンスを作ることです。

間違った英語はダメじゃないのって思われますが、間違った英語を話さないと、何が間違っているか分かりません。

間違った英語を話すことで、間違いを指摘でき、その間違えを修正していけるのです。

とりあえず、間違ってもいいから、独り言をセンテンスで話すことです。

 

独り言英会話は、一言で終わらない

日本人によくある、英語を話すときに言えるのが、一言で終わってしまうことです。

「お腹すいたな。」で終わったり…

独り言は思いつきです。

おもいつきだけを話すのではなく、おもいつた理由までも話すようにすれば、一言で終えあらなくてすみます。

 

自分自身に質問する癖をつける

スピーキング力をつけるために、もっとも効果な訓練は、質問力をつけることです。

独り言を口に出す、独り言の理由を英語で話す、そして質問する。

この一連の流れを教材にして、英語のスピーキング力をつける勉強法を取り入れれば、高頻度の英語が話せるようになります。

ネイティブの英語を聞き取るコツってあるの?!

日本人はネイティブ英語が苦手なんですよね。

一つの理由が、単語をカタカナ読みで覚えてしまってるから。

なぜ、カタカナで覚えるかって…

それは、中学で習うとき、まず単語を覚えましたよね。

どうやって覚えましたか。

たぶん、ほとんどの方は、カタカナ読みで単語を覚えたでしょう。

これが、頭に染みついているから、どうしてもカタカナ発音が頭から離れず、ネイティブ英語が聞き取れなくなる原因といわれています。

頭に染みついた、カタカナ英語を摂りはぶいて、ネイティブな英語が聞き取れるコツを教えちゃいます。

 

<目次>
・リスニングを強化するための簡単5つのポイント
・英会が聞き取れるようになる映画の見方とは?

 

リスニングを強化するための簡単5つのポイント

まず、ネイティブな英語を聞き取るために知っておきたいポイントを5つ上げます。

【リスニングを強化するための簡単5つのポイン】
・分からない単語にひっかからない
・1個、1個の単語を聞こうとしない
・発音ができるようになる
・リーキングになれる
・英語の勉強は音だけを聞くのでは映像と一緒に聞く

分からない単語にひっかからないというのは、分からない単語を言われたときに、考えてしまって、後の会話が聞き取れないず、言葉についていけなくて、理解できなくなる。

これを無くすには、分からない単語は聞き流すことです。

1個1個の単語を聞こうとしないことが大切です。

ネイティブの英語が分かるようになるには、自分の音と聞いている音が似てくると英語が聞き取れるようになります。

したがって、単語の発音が言えないと聞き取れません。

英語の単語が正しく発音できてくると、自然に覚えている単語が頭に入ってきます。

次に、リンキングです。

単語が2つ連なったら発音がこう変わるとか、3つ重なったらこういう発音をするとか、これが聞き取れないと、ネイティブ英語は聞き取れません。

とにかく、リンキングに慣れることが大切です。

よく聞き流し英語が良いといいますが、一番いいのは、映像と一緒に聞くのが効率がいいです。

BBCラジオを聞くより、TVニュースがいいです。

最初は、TVニュースを見ても細かな内容は分からなくてもいいです。

大まかなイメージ、たとえば、今やっているニュースは、殺人事件のニュースだと分かれば、、後は、パーツパーツで拾っていけば、だいたいの内容が分かってきます。

次に、ネイティブな英語を聞き取れる訓練の方法をお話しします。

英語が聞き取れるようになる映画の見方とは?

ネイティブな英語を聞き取れるようになる訓練で、オススメなのが映画を観ることです。

どんな風に映画を観れば、ネイティブ英語の訓練になるか、お話しましょう。

【英会話が聞き取れるようになる映画の観方とは?】
・色んな映画を観るのではなく、同じものを10回見る
・集中してみない、ながらで観る
・映画の字幕は観ない
・短い短編映画を観る
・好きな俳優さんおまねをする

映画は、いろんな映画を観るのではなく、同じ映画を10回観るとかした方が頭に入りやすいです。

また、アニメより、実写の映画がいいです。

それも、実生活の場面が多い映画がオススメです。

細かな意味は分からなくても、とにかく全体のイメージをつかんで、こんなことを言ってるんだという感覚で観るといいでしょう。

また、ながら観をするのをオススメです。

それは、集中して観ていると、集中しないと英語が聞き取れなくなるからです。

ながらで聞いていると、知っている英語とが頭に入ってきますから…。

こういった、頭が英語をピックアップしてくれるようにならないと、自然に頭に英語が入ってこなくなるからです。

次に、映画の字幕は観ない。

映画の字幕は、たまに映像の内容とあっていな時があるので、要注意です。

あと、短い短編映画を観ることをオススメします。

また、口とかはっきり見えるものがいいですね。

ジェステャーのあるものいいです。

最後に、好きな俳優さんや、女優さんをまねることもいいです。

初心者が英語を始めるなら…!まずはこの3つから始めよう!

初心者が英語を学ぶとき、英語話のCDを買って勉強したり、英語の教材を買って単語の勉強したりしていませんか?

初心者の方がこういった勉強法をやれば、ほとんどの人は途中で挫折してしまいます。

では、初心者の方の英語勉強はどんなやり方がいいのでしょう。

英語は継続が大切です。

特に、初心者の方は、英語に親しむことが、英語を途中で諦めない秘訣です。

では、何をすれば…。

初心者が英語を始めるなら

・興味のある英語を聞く
・洋楽を聞く
・外国人と話す

この3つから始めることが途中で挫折しない英語の勉強法です。

それでは、具体的に説明していきましょう。

 

<目次>
・興味のある英語の聞き方とは?
・どんな洋楽を聞けばいいの?
・外国人と話す方にはどうすればいいの?

 

興味のある英語の聞き方とは?

英語はたくさん聞くことが大切ですが、テキストなどの英語を聞いてもつまらないですよね。

では、何を聞けばいいの?

自分の興味のある映画とか、ファッションが好きな方なら、ファッションのことを話している外国のユーチューブばーの話を聞くとかがいいでしょう。

自分に興味のあるフレーズだと、耳に入りやすくて、覚えるのも早くなります。

あと、好きな外国人のまねをすることです。

その人になりきって英語をしゃべると、発音も上手くなります。

好きな人の話って聞いていても飽きないし、長く聞いていられると思います。

絶対にBBCニュースなどは、見ないでくださいね。

ああいったしゃべりは、日常会話ではいませんから。

 

 

どんな洋楽を聞けばいいの?

リズム感のある洋楽を聞くことがいいでしょう。

リズム感があると、体を動かしたり、口ずさんだりしやすいですよね。

ただ聞き流すだけではダメです。

気に入ったフレーズは覚えるようにしましょう。

リズム感のある洋楽を聞いて、口ずさみ、体を動かし、興味のあるフレーズは覚える。

こらが洋楽を聞くポイントです。

英語を歌うことは、英語をしゃべる口の筋肉が鍛えられます。

 

 

外国人と話す方にはどうすればいいの?

英語は、毎日話すのが一番の上達法です。

でも、毎日なんて外国人と話せないよって思っている方。

オンライ英会話をご存知ですか?

インターネット使って、ネイティブ英語が話せるサービスです。

これなら毎日外国人と話せます。

最近では、月5,000円で、毎日ネイティブ英語が話せるサービスもあるようです。

また、フェースブックなどで、外国人とのコミュニティーサークルもよく開催されているので参加するのもいいでしょう。