ネイティブ英語」タグアーカイブ

スピーキングの上達のコツ!英語スピーキング上達の秘訣とは

英語のスピーキングの能力というのは、他の能力に比べるとある一定のレベルに達するには、最も簡単だとも言われています。

では、英語のスピーキング上達には何が重要なのか?

やはり、英語を話す量が必要になります。

量と言っても、効率よくやりたいですよね。

そこで、英語のスピーキングが上達する4つのステップについてお話します。

 

<目次>
英語スピーキング4つのステップ

 

英語スピーキング4つのステップ

1.手で書く
2.見ながら声に出す
3.キーワード見ながら話す
4.キーワードを見ないで言えるようにする

上記のステップにしたがって、英語のスピーキングをやっていけば、効率よく英語のスピーキングが上達します。

1.まず書くことです。
書いて終わってしまう方が多いですが、書いて覚えたと思って終わってしうのですが、書くのと話すのは違います。だから次に

2.見ながら声に出す
書いた文章を見ながら声に出すことです。

ただ、声に出すのではなく、覚えようとする意識をもって声に出すようにしましょう。

3.キーワード見ながら話す
書かれた文章の中で、大切な個所をキーワードにして、キーワードを見ながら声に出して話す練習をします。

これを何度も何度も繰り返していくと、キーワードを見た瞬間に、自分が何を話せばいいのか分かるようになるので、英語がスラスラと出るようになってきます。

しかし、人と話すときに、そのキーワードを見て話すことはないですから、次のステップの

4.キーワードを見ないで言えるようにする
最終的にはキーワードを見ないで言えるようにすることです。

この4つのステップで練習することで、英語がスラスラと話せるようになりますので、頑張って練習してください。

リスニング力アップの秘訣を伝授!ネイティブ英語の聞き方とは?

ネイティブの会話を聞いても、早くて聞き取れないって思っている方は多いですよね。

ではなぜ、ネイティブの英語は、早く聞こえるのでしょうか。

本当に、早口で話しているのでしょうか?

ネイティブの英語の聞き取り方のコツをお話します。

 

<目次>
・なぜ、ネイティブの会話が早く聞こえるのか
・ネイティブの会話を聞き取るコツ

 

なぜ、ネイティブの会話が早く聞こえるのか

ネイティブな英語は、決して早口で話しているわけではありません。

たとえば、

Com for tableとい単語を日本語読み、カタカナで読むと「コンタフォブル」と読みますよね。

これって6つに音節になっています。

これを、ネイティブで話すと、音節は3つしかないのです。

もうお分かりでしょう。

日本人は、カナカナ英語で覚えているので、6つの音節を3つの音節で聞くから早く聞こえるのです。

また、文法になると2語、3語の連携の読み方も、音節がカタカナ読みより短くなるので、さらに早く聞こえるのです。

 

ネイティブの会話を聞き取るコツ

やはり、重要なのは発音です。

ネイティブの英語を何回も聞いて覚えるのしかないのですが、ネイティブな英語を聞くコツとして、音節を意識して聞くと英語力はアップします。

では、どのように音節を意識すればいいのか?

日本語は、ほとんど母音をメインに発音しますが、英語は子音がメインなんです。

だから、母音をとる意識で発音してやると、ネイティブ英語のように話せます。

一度やってみてください。