発音」タグアーカイブ

スピーキングの上達のコツ!英語スピーキング上達の秘訣とは

英語のスピーキングの能力というのは、他の能力に比べるとある一定のレベルに達するには、最も簡単だとも言われています。

では、英語のスピーキング上達には何が重要なのか?

やはり、英語を話す量が必要になります。

量と言っても、効率よくやりたいですよね。

そこで、英語のスピーキングが上達する4つのステップについてお話します。

 

<目次>
英語スピーキング4つのステップ

 

英語スピーキング4つのステップ

1.手で書く
2.見ながら声に出す
3.キーワード見ながら話す
4.キーワードを見ないで言えるようにする

上記のステップにしたがって、英語のスピーキングをやっていけば、効率よく英語のスピーキングが上達します。

1.まず書くことです。
書いて終わってしまう方が多いですが、書いて覚えたと思って終わってしうのですが、書くのと話すのは違います。だから次に

2.見ながら声に出す
書いた文章を見ながら声に出すことです。

ただ、声に出すのではなく、覚えようとする意識をもって声に出すようにしましょう。

3.キーワード見ながら話す
書かれた文章の中で、大切な個所をキーワードにして、キーワードを見ながら声に出して話す練習をします。

これを何度も何度も繰り返していくと、キーワードを見た瞬間に、自分が何を話せばいいのか分かるようになるので、英語がスラスラと出るようになってきます。

しかし、人と話すときに、そのキーワードを見て話すことはないですから、次のステップの

4.キーワードを見ないで言えるようにする
最終的にはキーワードを見ないで言えるようにすることです。

この4つのステップで練習することで、英語がスラスラと話せるようになりますので、頑張って練習してください。

リスニングを上達するには!発音とリスニングの関係

リスニングを上達しょうと思えば、発音が重要になります。

発音が聞き取れれば、リスニングは上達します。

リスニングと発音の関係についてお話します。

 

<目次>
・知らない音だから聞きとれない
・知っている音は聞きとれる
・発音を矯正すれば聞きとれる

 

知らない音だから聞きとれない

日本人の多くが「R」「L」を聞き取り事ができません。

なぜ、聞き取れないかというと、日本語の音に「R」「L」が存在しないからです。

だから、日本人は、「R」「L」を日本語の近い音「ら行」に一番近い「R」「L」を「らりるれろ」のどれかで聞いてしまうのです。

初心者の方は特に、英語の「R」「L」が聞き取れないのです。

 

知っている音は聞きとれる

知ってる音は、必ず聞き取ることができます。

「R」いう音は、どういうふうに発音されていて、どういう音なのか分かっていて、「L」の音が、どういう発音で、どういう音なのかが分かっていれば、聞き分けることができるのです。

 

発音を矯正すれば聞きとれる

知ってる音は聞きとれるので、ネイティブな音に直していけばいいのです。

カタカナで覚えている音は、ネイティブの音に矯正することが重要になります。

したがって、発音を勉強することで、リスニングが上達するのです。

英語の発音がミルミル上達する!この4つを意識するだけで発音が…

単語の発音って、どうしてもカタカナ英語になったしまうよね。

どうすれば、ネイティブ英語で発音できるようになれるのか?

4つのポイントを意識して発音すれば、ネイティブな発音に近づけます。

では、その4つのポイントについてお話していきましょう

 

<目次>
・イントネーションに気を付ける
・単語単位の音節
・文章単位の音節
・日本語のない音を日本語の音で発音してしまう

 

イントネーションに気を付ける

日本語は平坦な言語です。

あまり起伏のある音では発音はしません。

しかし、英語は、音の起伏が大きです。

たとえば、ラップ音楽を例に出すと、日本語のラップっておかしいですよね。

何か変に聞こえませんか?

英語だと、あのリズムが普通なのです。

だから、英語を話すときは、一定にリズムがあるということを頭においてしゃべると、英語らしい発音で話すことができるのです。

 

単語単位の音節

英単語の中で、カタカナ読みだったら、6つの音節で発音する単語が、英語では3つの音節での発音する単語があります。

こういった、カタカナ読みだと6つの音節で発音する単語を、ネイティブ英語だと3つの音節で発音するということを覚えておきましょう。

 

文章単位の音節

英語の文章で、3つの単語が一緒になっている文書を読むとき、カタカナ英語だと、文章の単語を1つ1つ読んでしまいますが、ネイティブ英語だと、3つの単語を引っ付けて読みます。

引っ付けて読むということは、自分の知っている単語より短くなります。

3つ、4つ連なった英語を、カタカナ読みとネイティブ読みの違いを理解しておくと、よりネイティブに近い英語で話せます。

 

日本語のない音を日本語の音で発音してしまう

英語には、日本語にない音、L/RやThがありますが、日本人は、日本語の近い音で発音でしようとします。

その、L/RやThの発音をちょと変えるだけで、発音というのはよくなります。

日本語にない音を、発音できるようになれば、上手な単語が発音できるようになります。

英語の発音が上手くなるコツ!カタカナ英語から脱皮しましょう。

日本人って、どうしてもカタカナ英語になりがちでですよね。

外国人みたいに、表現豊かなしゃべり口調は、ちょっと苦手だなっていう方も多いでしょう。

でも、カタカナ英語の発音から、脱出したいと思いませんか?

発音を完璧にするのは難しいですが、ちょっとしたコツを知っていると、なめらかな英語が話せるようになります。

英語の発音が上手くなるコツについて、あ話していきます。

 

<目次>
・音と音とのリンキングが大切
・英語のリズムで話すようにする
・口の動きをオーバーにする

 

音と音とのリンキングが大切

あまり学校では教えてくれないリンキング。

リンキングとは、単語が連なっている時、一つ一つ単語を発音するのではなく、まとめて発音することを言います。

たとえば、one of thenなら、ワン・オブ・ゼムではなく、ワンノーヴェムと発音します。

これができないと、ネイティブ英語は通じないし、カタカナ発音から脱出できません。

とりあえず、リンキングを認識をして聞くようにする。

また、どの単語とどの単語が隣にあれば、こう発音するという決まりみたいなものがあるので、そういったものを理解することが大切です。

これを知っておくと、飛躍的に、リスニング力は伸びます。

 

英語のリズムで話すようにする

日本語と英語の周波数が違うことをご存知ですか?

英語の周波数は2000~12000ヘルツ

日本語の周波数は、100~1500ヘルツ

もともと日本語と英語では、全然リズムが違うので、日本語口調で英語をしゃべっていても、どうしてもカタカナ英語になっちゃうんんです。

英語は演技するような感じで、強調するところと、しないところをはっきりさせてしゃべると、流ちょうな英語に聞こえるようになります。

これは慣れですので、演技口調でしゃべっていると、自然に英語リズムで話せるようになります。

 

口の動きをオーバーにする

日本語をしゃべる時は、あまり唇を尖らしたり、横広げたりしませんよね。

しかし、英語は、頻繁に唇を尖らしたり、横に広げたりしてしゃべります。

ただこれだけの違いです。

英語を発音するときは、唇を尖らしたり、横に広げたりしてしゃべるように意識しましょう

顔の表情も大切です。

表情豊かなしゃべり方だと、自然に発音もよくなていくようです。

顔の表情を豊かにして、英語の発音をするように意識しましょう。